資格取得

宅建講座TACの全国公開模試を受験しました(令和元年)

鉛筆

宅建試験の受験前に、全国公開模試を受験しました。

金沢の提携校にて受験しました💪

会場や試験の雰囲気など書いております。

TACの全国公開模試

7月後半に申し込みました

本試験の受験申し込み手続きが完了し、しばらくしてから公開模試の受験を考えました。

私の場合は、答練パックとセットで受講しました。

答練7回分と合わせて、31,000円かかりました。

費用がかかってしまいましたが、なかなか受験する機会もないので、思い切っての受講です。

Webで資料請求をしてから、教室へ行って申し込みました。

講座の種類が多い

宅建の講座では、どこの学校でも、やたら講座が多いです。

どれを受講すればいいのか、どんなレベルなのか、今から入れるのか??

早いものだと、2月頃から授業がスタートする講座もありました💦

そこまで、何十万もお金をかけられないので、答練パックの公開模試つきだけと決めて、TACの受付で契約してきました。

公開模試は10月6日でした。

それまでに、答練や、過去問演習で、問題に慣れておきます。

公開模試当日

会場に到着

模擬テストは午後1時からです。

15分前には入り口に10人くらい並び、受付をしていました。

受験票をもらって2階へ上がります。

金沢校の階段は狭く、対面から降りてくる人がいると、すれ違うことができません。

結局、登り切るまで待ってもらわないといけません。

模擬試験会場では

会場も広くはなく、学校の教室よりも少し小さいくらいです。

正面の黒板に、試験時間が書かれています。

座席は決まっておらず、三人がけの机を二人で使う形になっています。

だいたい40人くらい来ていました。

窓も少なく、やや圧迫感はあります。

それでも気密性は低いので、酸素は足りそうです。

試験開始

試験開始5分前には全員着席しました。

TACのスタッフさんから、簡単な説明がありました。

それからストップウォッチをセットし、試験が始まりました。

スタッフさんはそのまま部屋から出て行きます。

試験官のような人はおらず、受験者だけが部屋に残されました。

問題は、だいたい2択まで持っていけるけど、「これだ❗️」と確信を持てるのもは少なく…

「こんなの書いて合ったっけ❓」という問いもありました。

試験終了

試験の終了間際には、マークシートの付け間違いや、

後回しにした問題の解答をしていました。

途中でトイレに行く人が2人くらいいました。本試験ではダメですけれどね😅

テスト結果

結果は数日後にWebで確認

一週間後くらいに、「TACwebschool」にて採点結果が公開されます。

結果はこちらです↓

模擬試験までに答練もやっていたし、過去問も予想問題もやっていたのに、思ったほどいい成績を残せなかった。という感想でした。

特に法令上の制限は点数が低かったです。

もともと法令は苦手だったので、こうなるとは思っていましたが、予想していたより悪かったです。

他の科目でカバーできてはいるものの、本試験では不安を感じます。

試験日までにできること

間違えた問題を直す

模擬テストでは油断できない結果になってしまいました。

本試験まで、あと2週間です。

対策としては、やはり基本の問題を落とさないことなので、予想問題より、過去問題集を中心に演習しました。

正答率の高い問題をチェックする

各問題の詳細に、正答率%が表示されています。

私は50%以上の問題でミスしていたら、テキストに戻って見直しました。

次は、本試験の様子も書きたいと思ってます✏️

↓答練パックの内容も書いております↓

ABOUT ME
ホテサラ
29歳で宅地購入。30歳で住宅を購入しました。住宅購入の経緯やDIY、その他についてのブログです。宅建に興味ありです。