資格取得

宅建受験者。TAC応用答練での出題分野

受講

令和元年度の宅建受験者です。

独学だけじゃ不安で、直前になってTACの答練パックの受講を決めました。

この記事では、応用答練の制限時間や、出題された分野などに触れたいと思います。

受講を決めた経緯はこちら↓

民法等

民法等の制限時間

民法は80分で30問を解きます。

これだけ時間があれば、余裕を持って回答できました。

点数が低かった人は、30問中24問まで正解できるように復習しておくといいそうです。

民法等の問題について(応用答練)

出題された問題

前半は、意思表示や代理、時効など、いろんな範囲から1問ずつ。

後半は同じ分野から2問ずつになっていました。

【2問出題された分野】

  • 抵当権
  • 相続
  • 不動産登記法
  • 借地権
  • 借家権
  • 区分所有法

これらは、本試験でも出題の可能性が高いため、2問ずつで構成されているのだと思います。

全体の中で、一番の難問は「連帯債務」の問題でした。

出題されなかった分野は

今回の応用答練ではこの2つは出題されていませんでした。

  • 条文の問題
  • 判決文問題

宅建業法

宅建業法の制限時間

答練パックの2回目は宅建業法のテストです。

制限時間は30問を70分と、民法等のときより短いです。

1問にかけられる時間は2分ちょっとです💦

私の場合は、時間が短くなると、気持ちに焦りが出やすく、

読み間違いや勘違いミスが多くありました。

本番慣れのためにも、事前テストは大事だ…と思いました。

宅建業法の問題について(応用答練)

まどろっこしい言い回しや、問題文に揺さぶりが多く、

緊張していると間違いやすいと、個人的には思います。

個数問題や、組み合わせ問題もあります。

時間も短くなっているので、つい慌ててしまいます。

宅建業法については、問題も全体的に満遍なく出題されています。

目標点数

30問中20問以上(できるだけたくさん)正解できるようにとのこと。

最低でも20問でいいのか〜😅

と、そこには少し安心しましたが…

なるべく得点源にできるよう、しっかり復習が必要です。

法令上の制限・その他関連

法令・その他の制限時間

制限時間がさらに短くなり、30問を60分で解きます。

あえて時間は気にしないように、悩みすぎないようにという気持ちで解きました。

法令・その他の問題について(応用答練)

都市計画法と、建築基準法から6問ずつ。

農地法・区画法から2問ずつ。

国土法・宅地造成等規制法から1問ずつ。

その他関連には、今年は出題の可能性が低いものも、念の為、出題されていました。

それなのに、私の通っている教室では、みなさん得点が高く、気を抜けないという感じでした。

目標点数

難しい問題も多買ったので、合格ラインが気になります。

まだwebでの成績表が上がってきていないので、わかり次第ブログに書きたいと思います。

次回からは「直前答練」

本試験までの間、毎週テストができるので、キツイですが、

自分の成績順位が把握できるので、その点では安心できます。

何より独学で一人で勉強していたので、

勉強の方法が、これで合っているのか❓ と、心配でした。

費用はかかってしまいましたが💰

試験まであと1ヶ月ちょっとなので、しっかり準備したいと思います。

ABOUT ME
ホテサラ
29歳で宅地購入。30歳で住宅を購入しました。住宅購入の経緯やDIY、その他についてのブログです。宅建に興味ありです。