住宅購入

固定金利と変動金利、メリットとデメリット

数字だけを見れば、変動金利のほうが支払い金額が抑えられる。という印象がありますが、

固定金利・変動金利それぞれにメリットとデメリットがあります。

固定金利はゆっくり返済タイプ

わたしは30年のローン期間のうち、金利は10年固定です。

10年を過ぎれば、金利の見直しがあり、それ以降は変動金利にチェンジします。

固定金利は、やはり安心

元金と利息の内訳が変わらないので、毎月の支払い額が一定です。

支払いが一定だと、急に支払いが増え、生活が苦しくなる心配が少ないため人気です。

家賃を払うくらいなら、家を買おう。と思っている若い年齢の人が、利用しやすいと思います。

元金がなかなか減らない

デメリットとしては、固定金利は少し高めに設定されていて、

完済まで時間がかかる、長期のローンになる場合が多いです。

実際、請求の内訳を見ていると、利息の部分が高く、返済元金がなかなか減らない…

そのぶん、若いうちから、家賃を払わず住宅を購入できる。

と、自分ではプラスに考えています。

変動金利は、さっさと元金を減らそうタイプ

金利だけを見れば圧倒的に有利です。

でも、金利が上がってしまうと損するの❓

金利の見直しは5年に1回

ずっと当初の金利のままとはいかない変動金利。

しかし金利は毎月変動するのではなく、5年に1回です

この5年の間に、金利が上昇すれば、それだけ元金の払いができていないことになります。

また、6年目から支払額は上がってしまいます。

経済動向に詳しければ、変動にする価値はある

メリットは当初の金利が低いため、返済元金にスタートダッシュがかけられるイメージです。

住宅ローンの金利は低下しているため、まずは変動金利で借り、

金利が上がってしまった場合に、そのリスクをなくすために固定に切り替えるのもよいです。

でも、変動金利が上がった場合は、同時に固定金利も上がっているので、

固定金利が上がる直前に予測行動できるような、経済動向に詳しい方向けと言えます。

ABOUT ME
ホテサラ
29歳で宅地購入。30歳で住宅を購入しました。住宅購入の経緯やDIY、その他についてのブログです。宅建に興味ありです。