住宅購入

住宅ローンの返済期間は、長く設定した方が安心です

30才で住宅ローンを借りる場合、35年払い続けると、完済するのは65才…

私も含め、そんなに長くローンが続くのはいやだと思うのは自然なことです。

ホテサラ
ホテサラ
できれば20年くらいで完済して、その後のんびり暮らしたいな…

ですが、完済を焦らず、手元に資金が残せるようなプランにした方が安心です。

切り詰めすぎは、本末転倒の事態になる恐れも

会社員の場合、勤続年数が3年以上あれば、女性でも独身でも35年ローンが可能です。
手続きも難しいことはありません。

毎月無理なく支払える金額を設定します

まずは毎月、無理なく捻出できる金額を自分で設定してみることです。
毎月払えそうな金額が決まったら、そこから希望するローン期間で計算します。

この範囲内で買える住宅であれば、むやみに切り詰める必要はありません。

頭金があれば、さらに余裕ができます

余裕のあるローン期間に加えて、頭金が出せるのであれば、そのぶん購入価格も増やせます。
もしくは、返済期間を短くできます。

不測の事態に対応できるために

とりあえず、35年でローンを組めるなら、その設定で進めましょう。
毎月の支払額を抑えた分、手元に貯金として残します。

急な出費のため、蓄えておきます

病気や事故などで、業務に支障が出る場合は、その期間、収入が激減してしまう恐れもあります。

こんな時に、頼れるのは貯金だけで、住宅費や生活費は湯水のように流れ出てしまいます。

もし、手元に残しておくと使ってしまうタイプの人は、
定期預金にするなど、引き出しにくい形で預金を減らさない工夫が必要です。

所得が上がるテイで考えない

現在、勤めている会社に、完全に頼り切っていては危険です。

もし、若くして住宅ローンを考えている場合は、今後もずっと勤められるのか、
リストラまでは行かなくとも、転勤異動で、精神的に追い詰められるパターンもあります。

ちなみに、私のような人材では転職しても年収アップできる自信は全くないです…
残念です…💧

支出は増えていく傾向

今後は消費増税や、社会保障費の負担が増える傾向にあります。

最近では、高齢者に対して介護保険料の請求が来るようになりました。
これでは、もらった年金を返してしまうようなものです…

ローンを組むのも慎重にならざるを得ません。

繰り上げ返済

繰り上げ返済をすると、元本が減少します。

返済期間が早まりますが、変動金利の場合は注意が必要です。

タイミングによっては、しない方が得です

金利が上昇するタイミングで繰り上げ返済を行うと、かえって返済額が増えてしまうこともあります。

また、金融機関によっては、『繰り上げ返済手数料』がかかる場合があります。
繰り上げ返済をする場合は、よく確認してから行うとよいと思います。

借り入れできる金額を見極める

最後になりますが、余裕を持った返済期間の中で、借り入れできる金額を自分で見極める。
それができれば、返済が始まってから苦しくなるということは、最低限、避けられます。

まだ若い年代であれば、考える時間はたくさんあるかと思います。
将来、住居に困ることのないよう、検討することが大切だと私は思います。

ABOUT ME
ホテサラ
29歳で宅地購入。30歳で住宅を購入しました。住宅購入の経緯やDIY、その他についてのブログです。宅建に興味ありです。