インテリア

オーダーカーテンを採寸する方法《通販で注文するときのポイント》

引っ越したり、新築の家を買ったときには、新しいカーテンが必要になりますね。
けれど、家具屋さんやインテリアショップでは、品揃えが少ないこともあります…😐
わたしのような、地方に住んでいる者だと、店頭で一目惚れできるようなカーテンは、足が何本あっても見つかりません👣

でも通販だったら、一度にたくさんのお店を探すことができます。
家でじっくりと、一晩中かけて選ぶこともできますよ🌙

わたしも実際に購入してみましたが、カーテンの採寸も、そこまで難しくはなかったです。

カーテンの丈を測る

カーテンの丈(高さ)はフックをかけるリングのすぐ下から測るのが正解です
一般的な腰高窓

カーテンレールのリングのすぐ下から、窓枠下までをメジャーで測ります。
そこに15〜20㎝くらいプラスしてください。

掃き出し窓

カーテンレールのリングのすぐ下から、床までをメジャーで測ります。
そこからマイナス1㎝の長さにします。

出窓

カーテンレールのリングのすぐ下から、窓台(窓カウンター)までをメジャーで測ります。
そこからマイナス1㎝の長さにします。

カーテンの丈を測る専用のメジャーというものもあります📏
普通のメジャーでも採寸できますが、これがあれば、一人でも測りやすいです。

カーテン用メジャー

この金属の部分をリング穴に引っ掛けて、高さを測ります。

丈のサイズによって値段が違う

やっぱり使う生地が大きいと料金が高くなります。
丈が140㎝、200㎝の段階で、値段が上がっていきます。

下の画像のカーテンは、幅100㎝×2枚(両開き)丈140㎝です。
一般的な腰高窓のサイズですね。

自分で採寸したフリンジカーテン

本当は、130㎝ほどでも充分でしたが、140㎝までは同じ値段だったので、140㎝でオーダー。
それでも、特に問題はなさそう。

幅も測ります

左右の一番端にある、固定されたリングの距離を測ります

横幅は、カーテンレールが基準になるんですね。
採寸した幅より少し大きめにすると、カーテンを閉じたときに、パツパツにならずに済みます。

下の方法で計算すると、ちょうどいいサイズになります↓

普通の引違い窓や、掃き出し窓

左右の固定リングの距離×1.05

出窓

出窓でも、同じように両端の固定リングの幅を測ります。
そして、左右の固定リングの距離×1.05

装飾レールの場合は、レールの装飾部分や、左右のキャップの長さなどは含めないでください。

最後に開閉方法を決めます

片開きは、算出したサイズで、1枚
両開きは、算出した半分の幅サイズで、2枚必要になります。

「両開き」を選択するだけで自動で2枚の設定になるショップもあるので、注文する前にサイズと枚数の再確認をします。

好きな付属品を選ぶ

おしゃれなカーテンレールタッセルも選んでもいいと思います。
カーテンと同じ生地のタッセルはセットで付いてくるのですが、自分でコーディネートもできます。

クリップや、ワイヤータイプのホルダーもかわいいです✨
ボリュームのあるフリンジにしてもカーテンに馴染んでくれます。

フリンジのタッセル

カーテンのフリンジ部分と同じ色のタッセルです。

通販では、たくさんの商品から探すことができるので、きっとお気に入りのカーテンがあると思います。
ぜひ採寸して、お部屋のイメージにピッタリのカーテンを取り付けてください👍

オーダーカーテンならどんなサイズでも注文できます。
片開きカーテンも取り付けました↓

https://hotesara.com/2019/01/tension-pole/
ABOUT ME
ホテサラ
29歳で宅地購入。30歳で住宅を購入しました。住宅購入の経緯やDIY、その他についてのブログです。宅建に興味ありです。