インテリア

壁紙の張り替え。レンガの柄合わせに挑戦しました!

今までは落ち着いた茶色の壁紙でしたが、変化をつけたくて、レンガ柄の壁紙を購入しました。
自分で貼るのは大変な作業でしたが、失敗した部分もそれほど気になりません。

壁紙のプリントもリアルです。
一見、本物のレンガのようにも見え、家に来た人は驚いています👀

また他の部屋も張り替えたいと思っています❗️

一人で貼れるのか心配…

最初は一人で全部貼れるのか心配でした。

壁にはコンセントや電気のスイッチ、窓やドアなどの障害物があります。
前回、別の部屋に貼った壁紙は無地でしたが、今回は柄の位置を合わせながらの作業です。

壁の面積も広いです。

ホテサラ
ホテサラ
こりゃ一日では無理だな〜

という気がするので、休日の二日間をメドに、半分ずつ貼ることに。
途中まで貼って挫折……という訳にはいきません❗️

気合いだぁ

施工前の台所

壁紙を貼る前は、全面的に茶色…

やっぱり、星型のペンダントライトもこの台所では映えない💧

もともと茶色の壁紙は、全面ではなくアクセントカラーにするつもりだったのですが…

新築の家を建てるときには、営業担当や現場監督、インテリアコーディネーターなどと、いろんな打ち合わせをすることになります。

新築住宅のプランを考えている間は、休日も全部潰して、外観も間取りも内装も考えないといけません。
住宅メーカーは、こちらの案にダメ出しをされることもあります。

正直、ツライです…💧


ときには、エネルギー切れとなることもあり、、、

「もう、全部、茶色にしといてください(涙目)」

などと、言ってしまうこともあります。
いまだに住宅メーカーには不信感ありです😑

天井には白いペンキを塗ります

天井に壁紙を貼るのは難しいので、白いペンキで明るさをアップさせたいと思います。
(室内壁用のペンキです)



養生するためのマスカーや、ローラーは、100円ショップにも売っています。

貼り付け作業開始

壁紙は、のり付きの状態なので、フィルムを剥がしてすぐ壁につけます。

2メートル以上の長さにカットした壁紙は、重いぃ❗️
脚立に乗って持ち上げるのですが、のりの水分も吸っているので、女性の力ではちょっと重たい。

のりは、壁紙のウラ全体に塗られていて、持つと手にのりが付きます。
床とか、テレビとか、エアコンも、のりが付くのですが、拭くとキレイになります。

柄合わせのために、壁の面積より多めに壁紙を買いましたが、20メートル全て使い切りました。
壁紙施工にかかった時間は二日間、計8時間ほどでした。

ペンキ塗りは別の日に一日かけて塗りました。

レンガの台所が完成

邪魔だったカウンター上の換気扇が、あってよかった換気扇になりました。
天井も白くなり、茶色で暗かった台所が明るくなりました。

星型のペンダントライトが似合う部屋になりました

あとは、ウォールシェルフ(棚)をつけようと思います。

ホームセンターで集成材の棚板(カドが丸くなっている)を買ってきました。
一枚600円〜くらいで、いろんなサイズが売っています。

棚受け(濃いめのブラウンでマットな塗装)も買いました。
これで、窓の間にシェルフをふたつ取り付けました。

テレビの下にも棚を設置

壁掛けテレビの下にも長い棚を二段設置。

長さは180㎝あります。
ディスプレイに最適です。

今までキッチンカウンターに置いていた固定電話も移動できました。

この棚は桐で、とても軽い素材です。
幅だけ15㎝にカット加工をしてもらっています。

カラーは白と黒の2色、これもホームセンターに売っていました。

壁紙も自分で貼れば安く済む

壁紙とは言っても、こんなにリアルなプリントであれば満足でした✨
このくらいなら、業者との打ち合わせでストレスを溜める前にできてしまいますね。

それに、壁紙も自分で探したほうが、たくさんの種類の中から選べるのでオススメです。
少しぐらい失敗しても、そんなに目立たないですよ。

節約リフォームしたい方はぜひ、壁紙貼りに挑戦してみてください🌟

ABOUT ME
ホテサラ
29歳で宅地購入。30歳で住宅を購入しました。住宅購入の経緯やDIY、その他についてのブログです。宅建に興味ありです。