住宅購入

土地が予約されている理由

すぐに売れると困るから

新しい分譲地では、一度にたくさんの区画が売り出されます。
条件のいい区画は、先に売れてしまうと困るので、売主業者が「予約」の表示にしておくそうです。

角地や日当たりのいい区画から、先にどんどん売れてしまうと、残った区画がますます見劣りしてしまいます。
最悪の場合、売れ残ってしまうからだそうです。

誰が見ても、いいなと思う区画

近所に新しい分譲地が売り出されると、チラシやフリーペーパーに区画が載り、○坪○万円と値段が書かれているのをよく見ます。
わたしも最初は新聞広告や、折り込みチラシで探したりしていましたが、買い手が決まった区画には、売約済みマークが付けられています。

けど、なぜか、予約マークがついた区画があり、売れたのか、売れてないのか、よくわからない表記になった場所があります。
しかも大抵の場合、その分譲地内で一番センターというか、メインの区画。
そのお隣までも、2区画並んでの予約になっています。

角地で、車での出入りもしやすく、日当たりもよさそうです。
目立つ場所なので、お友達も道に迷わず遊びに来られそうな、誰もがいいなと思う区画です。

予約ということは、商談中なんだよね❓
わたしが「先に買うよ!!」と言えば、横取りできるのかな❓❓

横取りはできませんでしたが、実は、売主側の理由があるようです。

しかも仲介になっている

わたしが土地探しをしていたとき、やはりそのセンターの出入りしやすい区画を買いたくて、どうしても気になっていたのですが、いつまでたっても予約のまま
他の区画は少しづつ売れていきますが、そこだけ売約済みになることはありません。

そして、気づいたのが、仲介の文字。
建築条件ありで、この区画で建築できる住宅メーカーが決められているような書かれ方でした。

頼みたい住宅メーカーは、すでに決めていたし、仲介手数料は払いたくない・・・。
すごく希望にピッタリの土地でしたが、やっぱり諦めるしかないと思いました。

結局、土地はまだ決まってないけど、自分の希望する住宅メーカーに、新築の相談をすることにしました。
そうすれば、他に似たような土地を紹介してくれるかもしれないしです。

そこで、「欲しい土地があるが、予約済みで、仲介になっていて、買えなかった。」
と相談をすると、その住宅メーカーの営業さんが、売主業者を探してくれました。
すると、仲介なしで、売主から直接買うことができました。

仲介手数料も払わずに済んだので、とても助かりました。

予約済みにする理由

その分譲地の売主業者さんの話では…、
『いくつもの区画がある中で、一番メインの区画が、先に売れてしまうと、その区画の隣や他の区画が見劣りして売れにくくなるので、予約にしてあるんです。』
と聞きました。言われてみると、メインの土地は角地なので、同じ坪数でも大きく感じ、間口も広いのです。
反対に、すぐお隣の区画は、出入りするのにも明らかに不便に見えます。

だから、『メインの土地と、その隣の区画の、両方を一緒に買ってくれる人を探したかった。
とも言われました。

けれど、『なかなか2つも土地を買う人は見つからなかったので、もう売ります。』
ということだそうです。

その後、お隣の区画もちゃんと買い手が見つかりましたが、今もたまに、分譲宅地のチラシを見て、予約済みになっている区画があると、この出来事を思い出します。

土地の契約前に、こんなこともありました↓

ABOUT ME
ホテサラ
29歳で宅地購入。30歳で住宅を購入しました。住宅購入の経緯やDIY、その他についてのブログです。宅建に興味ありです。