住宅購入

「地盤10年間保証」と「住宅瑕疵担保責任保証」の違い

地盤と建物の保証は別もの

わたしの家の近所にあった田んぼが埋め立てられ、建売分譲の宅地になりました😳
家が5軒も建つようです🏘
すごい…

もとは田んぼだった土地なので、やっぱり不同沈下があるのかなあ…。
と思っていると、どうやら、この土地の家には『地盤10年間保証』がついてくるようです。
折り込みチラシに書いてありました。

10年なんて、あっという間ですが、売る側も、その保証がついているとアピールでき、買う側も10年未満で地盤が沈んできたら、ショックなので、保証があると少しは安心です。

でも、どんな保証なのか、わからなかったので調べてみました。

地盤保証制度

基礎工事の着工から10年が経過するまでの期間です。
(建売だと、引き渡し日からの場合もあり)

地震や大雨などの災害は関係なく、もとから軟弱地盤だった場合の保証です。
家が傾いてきたり、外壁にヒビが入る、壁と柱の間に隙間ができるなどの場合に保証してもらえます。

  • 不同沈下の再発を止めるための地盤補強工事
  • 不同沈下が原因で痛んだ建物の修理工事
  • 仮住居の費用
  • その他の賠償費用


これらに対して、保険会社から登録地盤会社に保険金が支払われます。
家の持ち主が受け取り人ではなく、契約するのは住宅メーカーなのです。
家を買うときに自分で契約する必要はありません。

わたしの近所の建売分譲も、地盤10年間保証がついていますが、保険の支払い額は必要なく、家とセットでついてくるものになっていました。

これは、業者によってそれぞれ条件が違っていることがあります。
地盤が不安な場合は、「地盤保証制度があるのか」確認したほうがいいと思います。

住宅瑕疵担保責任保険

似たような保険で、『住宅瑕疵担保責任保険』があります。
この保険は、建物に欠陥があったため、傾いたり雨漏りをした場合の保険です。

引き渡しから、10年の間であれば、無償で修理します❗️
という決まりで、これは、どの業者で家を建てても必ず義務的についている保証です。
もし、施工した業者が倒産してしまっても、10年間の保証は残ります。

地盤保証制度と同じような内容ですが、こちらは、家が痛まない限り、地盤の補修のみでは保険が下りません。

不同沈下だけでは、瑕疵担保責任保険が使えないことも

もし、地盤だけを補強したいとなった場合は、瑕疵担保責任保険は使えません。
地盤が沈んで、基礎が壊れてしまったら、基礎と一緒に地盤の補強も、瑕疵担保責任保険が使えます。
でもこの場合、できれば基礎が壊れる前に、すぐに地盤の補強をするべきです。

そこで、『地盤保証制度』に加入していれば、
「地盤が沈んできたぞ❗️❗️」
と気づいたときに、すぐ補修ができ、建物の不具合を未然に防ぐことができます。

《もし気づけたら、神だと思います…💧》

地盤の変化にかなり繊細な人向け…

普段、家で暮らしていて、「去年より、地盤が沈んできたかな❓」
と、気付けるものなのか、不思議なのですが…

地盤に10年間の保証があれば、もしものときに、費用を抑えることができます。
でも、せっかく保険があっても、使うタイミングを逃す可能性が高いです。

わたしが不同沈下に気付けるとしたら、外壁にヒビができたり、扉の動きが悪くなったりしてから、ようやくわかるレベルです。

「地盤10年間保証」つきの土地でも、わたしのような鈍い人より、地盤の変化に気付くことのできる繊細な人向けではないか❓と感じます。

また、ここに書かれている保険は、災害には使えないので、心配な場合は、地震保険に加入する必要があります。

そのほか土地の契約をする前に、気をつけておきたいこともまとめました。

ABOUT ME
ホテサラ
29歳で宅地購入。30歳で住宅を購入しました。住宅購入の経緯やDIY、その他についてのブログです。宅建に興味ありです。